<BLOG更新>竜操中学校講演会終了



皆さんこんばんわ。

竜操中学校の講演会無事に終わったよ。

またひとつでっかい夢が叶ったよ。

ずっと講演会したいと、約半年以上にかけて

橋本先生と一緒に企画してきて

段々話が膨らみ最初は一クラス小さな教室程度の話が

橋本先生や校長先生の熱意により

こうして体育館で中2全校生徒に聞いてもらえるまでの

盛大な講演会まで話が膨らみ

今日ようやく実現しました。


正直、講演を終えて話術スキルを含めて

こういった場は初めてなので、慣れない自分に

凄く不安一杯で、終わってみれば話したかった事の

20%も喋れなかって、何か申し訳ない気持ちで一杯でした。





でも、終わってからのみんなの反応や

感想文を全部見させてもらって、TWITTERやLINEなどでの

メッセージ、一緒に来てくれたカメラマンの太田や

WORDSMAN、また校長先生や橋本先生の反応などに

とても勇気付けられたし、ちゃんと伝わってるのが

心底嬉しかった。IPUからも取材に来ていただいた先生や

この日のために必死に会社と戦ってくれた山陽新聞、石井君にも

勇気をもらった。




準備から手伝わせてもらったのも

席を好きなとこに座って良くしたのも

お前らの気持ちが痛いほど分かるから。

_L1A3958.jpg

_L1A3959.jpg

_L1A3960.jpg

_L1A3991.jpg

_L1A3989.jpg

_L1A3987.jpg

_L1A3985.jpg

_L1A3984.jpg

_L1A3974.jpg

_L1A3971.jpg

_L1A3970.jpg

_L1A3968.jpg

_L1A4019.jpg

_L1A4018.jpg

_L1A4009.jpg

_L1A3965.jpg

_L1A3992.jpg

_L1A3993.jpg

_L1A3995.jpg

_L1A3996.jpg

_L1A3997.jpg

_L1A3962.jpg


当日、生徒の顔を見て、、、


昨日7時間かけて書いた原稿をテーブルに置きました。


_L1A4012.jpg

”これを見て今日話すのはやめよう。下手糞でも良い。

このまんまで話そうと。”


_MG_8802.jpg


最初は、このおっさん誰?的なナイフのような目で

見てくる生徒たちに、どうしたら飽きずに聞いてもらえるのか?

話しながら凄く不安でした。


途中、封印してた下ネタも織り交ぜたのには訳があります。


_L1A4142.jpg


堅苦しい話よりも、もっとみんなが参加できて共感できる話題を

提供する入り口が必要だったんです。

案の定、賛否両論ありましたが、まったく後悔してません。

だって、俺中2の時なんか、そんな事か、しいて言えば

友達関や不良の先輩との関係や、恋愛ぐらいしか

悩みはなかった。


_L1A4086.jpg

_L1A4082.jpg


そんなもんって言い方は失礼かもやけど、こっちは

聞いてもらってる立場何やから、まずは引かれようが何しようが

食いつかせるのに必死でした。


_L1A4021.jpg


その甲斐もあり、生徒たちの安心した顔もちらほら見れたので

ようやく話し出しました。

中には、お喋りする子、退屈するしぐさをする子、ずっと睨んでる子

真剣に聞いてくれる子、メモまで取ってくれてた子、

先生方も鋭い視線の方と、深くうなづきながら

真剣に聞いてくれてる方。

本当に全てがチャレンジで、本当は冷静を保つので

精一杯でした。


_L1A4081.jpg

_L1A4078.jpg


本当に聞いてくれてるのか?ちゃんと俺の下手糞な話は

みんなに届いているのか?こんなにも不安に駆られたのは

本当に久々で、改めてこのミッションの難しさを

痛感しました。


_L1A4067.jpg


でも、講演でも言いましたが

全てポジティブに受け止めると、そう決めてきたので

決して怖くはなかった。むしろ、生きてる実感を全身で感じれた。

自分の無力さ、言葉の力。

その逆に、ここに立ててる誇り。

その全てをポジティブに受け止めました。


_L1A4023.jpg


ここに、こんなにも長く書くのは、この講演会を聞いてくれて

ちゃんと一人一人、感想文書いてくれたみんなへの

せめてもの恩返し。

講演会でも言ったように

”GIVE AND TAKE”

この言葉通り、ちゃんと俺ごときの講演会に耳を貸してくれた

今出来る精一杯なこと。


_L1A4064.jpg

_L1A4080.jpg


まだ何もやり遂げちゃないし、まともな人生かって言われれば

決してそうじゃない。

でも、一つ言えるのは、33年間、そんなに安っぽい人生

送ってねーぞ。って事。


今の自分を羨ましいだとか、もしも大した事ねーってんなら

どうぞ、変われるものなら変わってみ?

そんぐらいの気合いと、決意が自分の胸の中にはあります。

普段は馬鹿してても、心の底は熱いもんで今も一杯です。


_L1A4056.jpg


逆に、こんな自分にも講演会できるなんて

ガキの頃じゃ、想像すら出来なかった。

でも、こんなBIGイベントを経験できたことを今は心底誇りに思ってる。

それと同時に無力さも半端ないほど痛感させられた。


_L1A4030.jpg

_L1A4033.jpg


何より、話すことの難しさ。

こんなにも年の離れた子たちとの溝や距離。

俺に何が出来るのかって

俺で良いのか?

全てが不安だった。


_L1A4037.jpg

_L1A4053.jpg


でも、終わってみて、冷静にみんなの感想文見て

本当にやって良かったと思わせてくれた。

まじめに書いてくれて本当にありがとう。

最高だよ、お前ら。


_L1A4044.jpg

_L1A4043.jpg

_L1A4088.jpg



家に帰ってから一通一通ちゃんと手紙を読んで行った。

中には、自分のアドレスやTwitter、LINEでメッセージまで

送ってくるほど反響は凄かった。


_L1A3999.jpg


CD欲しい、無料LIVEをやって欲しい。

また竜操中学に来て

PVに出たい。


_MG_8835.jpg


何より嬉しかったのが、最初はHIPHOPに興味もなかった。

うるさいチャらいだけの音楽と思ってた。


そう思ってた生徒たちが、こぞって


”今日でHIPHOPってモノへの見え方が変わった。”


”今日で好きになった。勘違いしてた。”


”むっちゃカッコ良かった”


”また店にもLIVEにも行きたい!!”



_L1A4146.jpg


など、本当に胸が熱くなるコメントが

約300通ほど自分の元に講演終了後、橋本先生や

各担任から届けられた。

それを一枚ずつ読んでいく度、ちゃんと伝わってることを

心底実感できた。


ここで講演できたこと、その最初が竜操中学で本当に良かった。


_MG_8822.jpg


こんな自分にも、出来た。そう自信と勇気をあげる側が

逆にみんなから沢山のLOVEをもらった。


_L1A4082.jpg

_L1A4081.jpg

_L1A4100.jpg


だから必ずみんなとの約束。


無料LIVEは時間かかってもやる。


これは、俺とお前らとの約束。

その時までに俺の音楽を覚えてきてくれな。

これは宿題w


_L1A4099.jpg


今日は主に、夢の話、自分の過去の生い立ち

将来の話などをざっくり話しました。


本当にゆっくり話したい人は、俺をまた竜操中学に呼んでくれ。

今度は小さい教室でゆっくり、一人ずつみんなと話したい。


もし、まだまだ話したいことがある人はこれ読んで

橋本先生に頼んでみてw


_L1A4116.jpg

_L1A4115.jpg

_MG_8838.jpg


こんな自分でも出来ました。

さー、俺の周りのイケテル仲間のみんな。

どうする?ガンガン俺よりやばいこと出来る

才能持った奴は、まだまだいるはず。


_L1A4114.jpg

_L1A4113.jpg

_L1A4112.jpg


後に続けなんてまぬけな事は言いませんし

言えません。だって俺が凄いんじゃないんだもん。


_L1A4106.jpg


このチャンスを作ってくれた周りのサポーターのおかげ。

店を守ってくれるスタッフ、マンションでいつも

俺たちにご飯食わせてくれる大切な仲間、友達

この講演会をするにあたって、いろいろな問題を

クリアしてくれた先生方。それをメディアって手法で

発信してくれようとしてる新聞社。


何よりこのチャンスをくれた生徒たち。


_L1A4121.jpg

_L1A4096.jpg

_L1A4095.jpg

_L1A4098.jpg


正直、俺より、やばいことしてる人間なんか山ほどいること

自分の置かれてる立場やポジション

自分が世間からどう見られてるか

そんなものは重々分かってます。


俺は有名人になりたいわけじゃない。

いつもこの街にいる馬鹿なアンちゃんでいたい。


_L1A4021.jpg


特別RAPが上手いわけじゃない。

特別お店がカッコ良いわけでもない。

特別おしゃれな服を置けてるかと言えば

まだ全然足元にも及ばない。

ビジネスで成功してる?



ふざけんな........

未だに馬鹿みたいに残された

借金を返してる。



そんな駄目駄目やからこそ、上を目指せる。

こんなに自信ないから、自信つけるためにも

新しいフィールドに足を伸ばさないと

本当に狭い視点でしか見れない

井の中の蛙状態になってしまう。


10年後、20年後俺には全く見えない。

何なら明日すら見えない。


_L1A4105.jpg


”さー、才能持ったモンスター。

もっとヤバくして行こう。

HOTな街の指定校。

レールなんてとうに外れちまったが

この先は、お前が司令塔。”


_L1A4108.jpg

_L1A4119.jpg

_L1A4120.jpg

_L1A4127.jpg

_L1A4128.jpg

_L1A4132.jpg

_L1A4133.jpg

_L1A4134.jpg

_L1A4135.jpg

_L1A4136.jpg

_L1A4137.jpg

_L1A4138.jpg

_L1A4139.jpg

_L1A4140.jpg

_L1A4141.jpg

_L1A4143.jpg

_L1A4144.jpg

_L1A4145.jpg

_L1A4146.jpg


俺には、、、馬鹿見てーな夢がある。


ただの有名人なんてピエロに過ぎない。


俺がやりたいのは、この街で俺の顔や名前を

少しでも多くの人に知ってもらって

自分に影響力をつけて、自分に関わるサポーターたちが

WIN WINの関係で、俺が店に行けばその店が儲かる

俺が関わったプロジェクトで人が喜ぶ。

幸せになれる。


それが俺の夢。





人が聞いたら、こいつ大丈夫??


ってアホくさいような事を、行っちゃうのが大好き。

それを冷たい視線や冷静な視線で見てる人たちを

全部めくってやりたい。


一度の人生。夢見るのは自由やし、タダ。


_L1A4148.jpg

_L1A4149.jpg

_L1A4150.jpg

_L1A4147.jpg


そんなことを涼しい顔して

成し遂げられる大人に慣れたら最高。


いつか、沖縄に家を建てて、自分の家族とスタッフの家族

自分の友達みんなで素敵な時間を過ごしたい。


馬鹿でしょ?


でも良い。絶対やる。決めた。


出来なかったら笑う。

また考える。


_MG_8836.jpg


残念ながら今の俺では、全然無理。


でも、ゆっくりでも良いからそうしていく覚悟が

今の自分にはある。


ゆっくり、ゆっくり。自分のペースで。

無理せず。おごらず。

敵は内なり。いつも自分。

ライバルはもう一人の自分。


妬まず、羨まず、ひたすら新しいチャレンジに

足を突っ込み出来ることから自分を磨く。


今の出来る自分の精一杯なんてそんなもん。


これからそのキャパを広げるため

また明日からも、相変わらずやってく。

ただそんだけ。生き方シンプル。

そう学んだ。


争いからは何も生まれない。



_MG_8833.jpg



ONE。



_MG_8835.jpg


LOVE。



長い分読んでくれて、本当にありがとう。


_MG_8837.jpg


竜操中学のみんな、次会うときは俺と何かするとき。


今日はありがとう。


夢が決まればひたすらそれに向かう。

それまでは絶対に口に出すな。

夢が定まったらそこに向かっておもっきりかませ。


そして本当に信頼できる人間や、本当に大切だと思える

場所や人に夢を話してみるべき。


まずは一歩。その足から全てが始まる。


分かってる。俺も一緒。


俺もやるし、お前もかまそ。


一人じゃ無理。



今日またひとつ夢が叶ったそんなお話。



ありがとう。










SEX。




_MG_8799.jpg

_MG_8803.jpg

_MG_8812.jpg

_MG_8813.jpg

_MG_8822.jpg

_MG_8827.jpg

_MG_8828.jpg

_MG_8829.jpg

_L1A4147.jpg

_L1A4146.jpg

_L1A4145.jpg

_L1A4136.jpg