DUMBOお香入荷!!


皆さんお待たせいたしました!!やっとこさお香入荷しましたよ♪
最近月末になると、完売してるアイテムが多いんですよ。
嬉しい悲鳴ですが、俺も毎日炊いてますが、以前はウチでも大人気のDEFやレッドカーペット使ってたんですが、最近はCOFFYやPOLOなんかが夏っぽくて好きです。
みんなも疲れた身体を煙と共に癒してあげて下さいネ♪

ここで改めてDUMBOの魅力を紹介!!
<注目の国産のお香DUMBO>
最近、お香のリラクゼーション効果が注目され、アロマブームの影響もあり、自宅でお香を楽しむ人が増えてきました。昨年発売されたばかりのDUMBOは日本国内で手作りされたお香で、香りと品質の良さが評判になり、今注目されているお香のひとつです。DUMBOのお香は現在10種類の香りがあります。日本には室町時代から「香道」という、香木を焚き、香りを楽しむという文化があります。この香道にはきちんと作法もあり、日本では香道に親しんでいる人はあまり多いとは言えませんが、香りを楽しむという文化は昔から日本にも根付いています。そういった背景を考えると、お香が流行り、お香に癒される人が多いのも自然なことなのかもしれません。

DUMBOのお香とインドのお香の違い
インドや中国雑貨を置いてあるお店では必ずといっていいほど、お香が売られています。形もさまざまで、小さな三角錐や細長いお線香のような形などいろいろあり、お香の形に合わせたお香立てもあり、手ごろな価格も手伝って、どんどん日本でも普及しました。海外のお香の中には、香りが強すぎるものや、人工的な香りのもの、火が消えたあと、独特のにおいがするものも少なくありませんでした。DUMBOのお香は、良質な材料を使い、お香をつけているときに、お香のよい香りだけがただよい、邪魔なにおいがしないよう独自の工夫がなされています。そういったDUMBOのお香の質の良さが注目され、どんどんDUMBOのお香の評判が高くなっています。現在10種類あるDUMBOのお香は、たとえば、ジャスミンだとか白檀だとか、香りそのものの名前をつけ、その香りだけがするお香ではありません。1種類1種類にコンセプトがあり、複数の香りが配合されて作られています。